読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すーぷのありふれた毎日

自称OLの考えたことを書いています。

不妊治療記録 リセットしてしまいました

おなか痛くて憂鬱だな〜とおもっていたら、今回はリセットしてしまいました。

残念。

 

判明した時間から涙が出て来ます。

仕事は早く帰りました。

 

またいちから頑張るのか。

 

子宮内膜症と不妊治療の話

いろいろあって更新していませんでした。

ここにはこれから、話しづらいけど吐き出したいことを書きたいなと思います。壁打ち。

 

私は子宮内膜症です。

四年間くらい治療で生理を止めていました。

注射を6ヶ月そのあとディナゲストを服薬。

 

そして、今年の1月にディナゲストの服薬をやめ、不妊治療開始。

断薬前にいきなり病院に行きました。

その後生理が回復するも不安定。サイクルは2ヶ月。

体温も不安定で、排卵はないのではと推察されました。

 

検査の結果、子宮内膜症以外に原因はいまのところ見つからず。

 

投薬ありのタイミング法を開始して現在に至ります。

7月は旦那さんともめて(結婚式を姑と小姑のいいなりになりそうだから、そして結論はいいなりになった)、

クロミッド排卵誘発剤)を飲むもタイミングを取れませんでした。惜しいことをした。

いまでもリセットするたびに、あの時がチャンスだったのでは?と後悔で泣けてきます。

 

仲のいい友達が立て続けに妊娠し、お祝いの気持ちと嬉しい気持ちがある反面、

とても羨ましくて自分はダメな人間だとおちこむ日々。

 

そもそも私は二度目の結婚なので、年齢はそれなりです。

一度目の結婚は相手の浮気(ムービーで判明した上に複数人結婚前から継続)で、離婚の話し合い(というか元配偶者のストーキングからの夜逃げ)の間に子宮内膜症発覚。

(離婚の話は詳しく吐き出したい)

痛みで倒れて病院に駆け込んだのです。

子宮内膜症もこのストレスのせいでは?なんて八つ当たりをしてしまいます。

 

不妊治療って、終わりは見えないし成功するかもわからないし、お金も時間もかかる。

会社にはカミングアウトして、通院は許可してもらえたからいいものの、なかなか大変です。

 

年賀状やフェイスブックに赤ちゃんの写真くるとつらい、とか、子どもまだなの?と聞かれたくないとか、

心狭いなあっておもってた過去の自分に、

お前もそんな人だよって言ってやりたい。

 

今後も頑張るつもりですが、成功するまで毎月絶望すると思うとつらいです。

 

でも諦めたら終わりかもしれない。

だから頑張ります。

 

トゥーヤングトゥーダイを見てきました!

映画トゥーヤングトゥーダイを見てきました!

テレビで宣伝を見て土曜日だし出かけてみたのですが、初日だったのですね。

映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』公式サイト | 鬼ヒット 上映中!

 

初日ということもあってか、映画館は満席状態でした〜

ネット予約していくとギリギリ到着でもいい席で見れるのでいいですね!

 

私は特に長瀬くんのファンでも、クドカンが好きなわけでもないのですが、映画は面白かったです。

コメディ映画です。映画館も笑いに包まれていました。

 

神木隆之介くん、やっぱり演技うまいんだな〜と

あと、森川葵さん、とても可愛かったです。

役者さん個性的な人が多くて、楽しめました!

 

日本のロック好きなので、歌も楽しめました。

要所要所で歌ってたのですが、映画館でみると音量もあってよかったのではないかと思います。

too young to die というとピストルズが浮かぶのは世代でしょうか、趣味の問題でしょうか。

 

レデイースバンドみたいなのの曲が面白かった!

メインの曲?での長瀬くんは流石のかっこよさ。

 

ただ一点、ごく稀にですがちょっとだけグロい描写があるので、血が出てたり人が痛い目にあってるところを少しでも見たくないという人は注意かもしれません。

そこまで気にしない方であれば気にならないと思います。

その点にすごくセンシティブな人だけ!

 

曲また聴きたいです。

アルバム出てるのかな〜

愛しのココナッツチップス

お土産でいただいて以来、ココナッツチップスにはまっています。

ゼブンプレミアム?の大きい袋のココナッツチップスが好きだったのですが、

最近行動範囲の店で見かけなくなってしまいました。

 

そこで、勇気を振り絞って成城石井に!

 

f:id:so_oup:20160624124347j:image

 

あった!見たことないやつ!

材料もシンプル

 

味は

味も

そう、味もシンプルでした!

 

砂糖がかかってないからか、ほのかなお味。

これはこれで美味しいです。

 

でも、ゼブンプレミアムのやつも食べたいな〜

他にも見つけたら買ってみたいと思います。

ラムネ味のわらびもち

だいぶ間があいてしまいました。

 

ちまたで話題のラムネ味のわらびもちを買いました!

f:id:so_oup:20160617125125j:image

 

これおいしいです。

ラムネのほんのりした甘さがよいかんじ。

個人的にはラムネのパウダーをかけてしまうと、もちもちの本体の味が分からなくなってしまうので(繊細な舌がない)

パウダーをかける部分とかけない部分に分けて食べるのがいいと思います!

 

うっすら味が好きな人はそのままでもおいしいはず。

パウダーは割と刺激的です。しゅわしゅわ。

一両日中の意味がわからなくて困った話

「一両日中にお願いします」といわれて
「明日までですね〜!」と答えてしまった。

一両日中は1日か2日って意味なんですね。
頼まれごとを早く行う分にはいいのでしょうけど、注意しなくては。

昔見た演劇のセリフを思い出す

まだ学生の頃に見た演劇のセリフで、たまに思い出すものがあります。
「私の愛する人は、精神を病んでいます、ですが、私はとても幸せです。」
正確ではないかもしれませんが、こんな内容でした。
内容も少し覚えているのですが、なによりもこのセリフだけ、ときどき思い出してしまうのです。

検索したらこの脚本のようです↓

トランス

トランス


あの頃はまだ、病んでいるという響きに、どこか幻想的なロマンスのようなものを感じていたように思います。
ロマンスじゃないかもしれないけど、何か神聖な、立ち入りできないような。

今、だいぶ大人になって、周りにはたくさん精神を病んでしまった人が出てきました。
そのことを考えるとき、また、不倫とかそんな恋愛を見てしまったとき、冒頭のセリフを思い出すのです。

何かを失ってもいいと思えるような恋愛って、自分にはもうできないような気がします。
現実的になってしまいました。
精神の高揚より、失うものの方に、大きな価値を見出しているのでしょう。

なんだか悲しいです。

芸能人の方とかの、不倫のニュースとか見ると、この人たちはまだ感性に若さがあるのかなとか、そんな的外れなことを考えてしまいます。